内容へスキップ

生命保険料の控除について

平成22年税制改正に伴い、平成24年1月1日以降に新たに締結した生命保険契約について、 税制改正後の生命保険料控除制度が適用されます。

生命保険料控除の特典

保険料を支払ったことを証明する書類のことで、1年間の正味払込保険料の一定額が所得税と地方税(住民税)の対象となる所得から控除され、その分に応じて税金がお安くなります。

生命保険料控除の手続き

生命保険料控除の特典をお受けになるには申告が必要です。当社より「生命保険料控除証明書」(以下「控除証明書」といいます。)を発行しますので、次の要領で申告してください。

給与所得者

毎年12月の給与の支払われる前日までに「給与所得者の保険料控除申告書」に「控除証明書」を添付して勤務先に提出し、年末調整を受けてください。ただし、団体扱契約の場合は、団体の担当者の確認印でよいことになっております。

申告納税者

事業所得者などの申告納税者の方は、確定申告の際、「確定申告書」に生命保険料控除対象額を記入し、「控除証明書」を添付の上、税務署に提出し、控除を受けてください。

生命保険料控除証明書の発行について

「年末調整」や「確定申告」で生命保険料控除を受ける場合に添付書類として提出する必要があります。
「生命保険料控除証明書」は毎年9月~翌年の1月にかけて発送します。

ご契約内容やお支払状況などにより、一部上記の発送時期とは異なる場合がございます。

旧制度対象契約においては、正味払込保険料が1契約で9,000円以下の場合、発行いたしません(生命保険料控除申告書に添付の必要はありません)。

新制度対象契約においては、正味払込保険料が1契約で9,000円以下の場合でも、発行いたします(添付を省略できません)。

年度の途中に契約内容の変更があり、旧制度から新制度へと変更があったご契約については、新旧両制度で控除証明書を発行いたします。申告の際には適用制度により控除額が異なりますので、ご留意ください。