内容へスキップ

エヌエヌ生命はNAHAマラソンを応援しています

 エヌエヌ生命公式Facebookでも情報発信中!

エヌエヌ生命とNAHAマラソン

エヌエヌ生命は、2015年より、沖縄県の年末を飾る一大スポーツイベント“太陽と海とジョガーの祭典”「NAHAマラソン」に協賛社として参加しています。

NAHAマラソンは、1985年にホノルル市と那覇市の姉妹都市締結25年を記念しスタートしました。今では国内外から30,000人もの方が選手として参加し4,000人余りのボランティアスタッフが関わる日本では「東京マラソン」「大阪マラソン」に次ぐ規模(*)のマラソン大会です。

(*)出典:「東京マラソン2016大会」及び「第6回大阪マラソン大会」出走者人数より

NAHAマラソン公式サイト

マラソンと企業経営に共通する点とは

マラソンはゴールを見据えペース配分することを求められるスポーツです。エヌエヌ生命は、事業経営には先を見据えた計画を持つ事と継続する事が必要で、また、それを続けていくためには経営者と従業員の体調管理が大切な要素のひとつになると考えています。「NAHAマラソン」の協賛を通じ、中小企業の経営者と従業員の皆さまの健康促進を応援します。

「未来の社長」のために走る! エヌエヌ・チャリティランナー

エヌエヌ生命は、社会貢献活動「未来の社長」を通じて子どもたちや若い世代へ教育機会や起業・経営を学ぶ機会を提供することにより、日本経済の持続可能な発展に貢献したいと考えています。

この活動の一環として、NAHAマラソンでは、出場される皆さまの中から「エヌエヌ・チャリティランナー」を募集し、完走されたチャリティランナーの方お一人につき1万円を、エヌエヌ生命から沖縄県社会福祉協議会に寄付金として贈呈し、沖縄県内の児童養護施設(県内8ヵ所)で暮らす子どもたちの学習支援に役立てていただくチャリティプログラムを実施しています。

これまでの寄付実績は、以下の通りです。
  募集枠(出走者数) 完走者数 寄付金
2015年 200名 183 183万円
2016年 300名 224 224万円