内容へスキップ

高校生のためのソーシャルビジネス企画コンテスト「Social Innovation Relay」

当社は、2015年から公益社団法人ジュニア・アチーブメント日本、ジュニア・アチーブメントヨーロッパ、NNグループとの共催により、高校生のソーシャルビジネス企画コンテスト「Social innovation Relay」(ソーシャル・イノベーション・リレー:通称「SIR」)を実施しています。

「SIR」は、高校生自らが身の回りにおける課題を見つけ、ソーシャルビジネスとして解決すべくアイデアを国内外の同世代の仲間たちと競い合うコンテストです。本コンテストは国内大会と国際大会の2つで構成されており、国内大会での優勝チームは、約10ヵ国が参加するオンラインの国際大会へ進出します。国際大会で見事優勝したチームは、ヨーロッパで開催されるSIR修了生カンファレンスに招待されます。

SOCIAL INNOVATION RELAY
SOCIAL INNOVATION RELAY

国内大会および国際大会に進むチームには、当社社員ボランティアがメンターとなり、ビジネス案やプレゼンテーションについて、アドバイスを提供する活動も行っています。

2017/18のSIR大会の流れに関する詳細はこちらからご覧いただけます。

開催レポート

2018/06/19 Social Innovation Relay国際大会を実施 日本代表チーム・京都府立洛北高等学校「AmaFessional」3位入賞!

「Social Innovation Relay」1

入賞した京都府立洛北高等学校「AmaFessional」チームの梅澤うめざわ 凌我りょうがさん(左)と芦田あしだ 航一こういちさん(右)

2018年6月19日(火)に行われたSIR国際大会では、日本、ハンガリー、シンガポール、ルーマニア、チェコ、ポーランド、スペイン、ギリシャ、オランダ、ブルガリアの10ヵ国から、それぞれ国内大会を勝ち抜いた同世代の仲間たちとアイデアを競い合いました。どのチームも英語での見事なプレゼンテーションはもちろんのこと、パワーポイントで工夫を凝らした資料と、独創的なビジネスアイデアで、審査員を驚かせていました。

その中で、日本代表として大会に臨んだ京都府立洛北高等学校「AmaFessional」の生徒2名は、世界中の誰もがいつでも、どこでも無料で使える多言語対応のオンライン学習共有プラットフォームの開発と普及を行うビジネスアイデアを提案し、結果、強豪チームを抑え、シンガポール、スペインの代表に続き、見事3位に入賞しました。

具体的には、国を問うことなく教員らの授業の動画閲覧だけでなく、学生たちによる教材やノートの共有や質問・議論を通した学び合いの機会を、プラットフォームを通じて提供するというアイデアです。当プラットフォームを普及させることで、日本をはじめ世界の政治的に困難な地域や経済的に厳しい状況におかれている子どもたちに平等な教育機会を提供したい、との想いから創りあげられたビジネスで、ITを駆使した課題解決も評価されました。

「Social Innovation Relay」2

AmaFessionalチームがプレゼンしている様子

京都府立洛北高等学校 「AmaFessional」チーム・梅澤うめざわ 凌我りょうがさんと芦田あしだ 航一こういちさんのコメント 「世界10チーム中3位入賞という結果を得ることができ、本当に嬉しいです。教育格差という世界的な問題に対して、AmaFessionalが大きな変革をもたらし得るということを伝えられたのではないかと思います。 この結果は、たくさんのメンターの方々にアドバイスを頂いたおかげです。例えば、どこを拠点にビジネスを進めていくのかや、収支計画の問題など、私たちだけではなかなか想像しにくい部分にアドバイスを頂き、とても参考になりました。ビジネスの現実可能性を検討しつつ、新鮮さを失わないアイデアにまとめ上げるのは大変でしたが、二人で時間を掛けて話し合って、完成させることができました。 当日の発表は、とても緊張しました。質問も聞き取れない所が多く、自分の英語力の拙さを痛感しました。他チームの発表は刺激的で、直接話をする時間がなかったのが残念に思われるくらいでした。自分たちのアイデアも含めて、ソーシャルメディアやアプリを使って人と人を繋げたり、人の意識を拡張するようなアイデアが多く、インターネットを利用したサービスに潜在的な可能性を感じました。 今回の経験は、自分に自信を持ちつつも、さらに優秀な人たちが広い世界にたくさんいるのだということを忘れてはいけないということを教えてくれた、非常に価値のあるものでした。これからも社会に潜む様々な問題に積極的に目を向け続け、自分は何が出来るのかということを考えたいと思います。」(芦田さん)

「この度、Social Innovation Relayの世界大会に日本代表として出場し、世界3位をいただけたことに、この上ない驚きと喜びを感じています。 中学三年生の時にこの大会を知って以来、絶対出ようと考えていたSIR。正直、自分たちが世界大会に出るなんて夢にも思っていませんでした。 今回、私たちが提案させていただいたソーシャルビジネス、AmaFessionalはこの大会に出るにあたって考え始めたものではありません。日々の生活の中で、『誰もが自分の得意なことを共有しそれを誰かのために活かせる場所があれば面白いな』と思ったのがはじまりです。Social Innovation Relayはそんな僕の一つの思いつきにすぎないアイデアをここまで成長させ、世界に発信する機会を与えてくれました。この半年間、ビジネスをブラッシュアップしていくにあたって様々な壁や問題にもぶつかりました。時には自分たちの軸となるコンセプトを曲げそうにもなりました。しかし、メンターさんからの多大なるご支援もあって、自分たちのアイデアを多くの人に届けたいという気持ちで前に進めていくことができました。英語のネイティブでもなければ帰国子女でもない、ただの地方の公立高校に通う高校生がここまでできたのは、本当にこのサポートがあってこそだと思っています。 僕の将来の夢は、実業家として機会の不平等が痛みを生み出さない社会をつくっていくことです。SIRはそんな僕にとって本当に素晴らしい経験を与えてくれました。これからもSIRで学んだことを忘れずに自分の目標に向かって毎日を過ごして行きたいと思います。」(梅澤さん)

2018/03/24 Social Innovation Campを実施
高校生が考える。自分たちの町の魅力を引き出せ!

春爛漫。桜が満開を迎えんとする春の土曜日となった3月24日に一日出張ワークショップ「Social Innovation Camp(ソーシャルイノベーションキャンプ)」を開催しました。
会場は、阿蘇山のふもとにある熊本県高森町です。県立高森高校の1、2年生からなる22名が一堂に会しました。

イベントは、高校生たちが学生に社会への関心を高め、自らの発想で未来への変革を生み出す力を蓄えるためのスキルを学ぶことを目指し、公益社団法人ジュニア・アチーブメント日本と共催で実施しました。

今回生徒たちには事前に「解決すべきお題」を与えることはせず、「10枚の写真を撮ってくる」ことを課題にしました。

午前中は、班に分かれてお互い自分の写真をおずおずと見せ合いました。写真は、山並みに映える朝日や美しい渓流の水面など、町の自然を撮ってきた生徒もいれば、空き家のへいの穴に詰め込まれた空き缶や、空き地に捨てられたごみを撮ってきた生徒など、人さまざまでした。

午後からは、それぞれの写真を見て、感じたことを書いた付箋を大きな模造紙に貼り付ける作業に取り掛かりました。それらをいくつかのかたまりに分類し、繋がりを考えることを限られた時間の中で繰り返し行いました。私たちエヌエヌ生命の社員サポーターも班に入り、解決すべき課題について、生徒たちの主体性を尊重しながら一緒に考えました。

この作業を重ねることで、生徒たちは自然に課題が浮かび上がってくるようで、どの班も自分達の町の魅力に気づき、解決すべき課題に到達しました。偶然にもどの班も共通して、「町をどう再活性化させるか」ということでした。「過疎化」「人口減」「高齢化」などに直面している町の姿を見て、自分達は何が出来るか、考える必要性に皆が気づいた瞬間となりました。

粗削りではありますが、「美しい自然を外にアピールし人を呼び込む」「観光産業で町を振興する」などの解決策が次々と発表されました。観光マップを作り町に提案するなど、自分達のアクションにまで到達できたのは大きな成果となりました。

参加した、荒牧真央さん (一年生)
「みんなで出したアイデアからひとつの課題に絞って町のためのプランが立てられたのはいい経験になった。スライドを作る時、相手の興味を引くキャッチコピー作りが難しかった。やり方は一緒なのに、発表の仕方が違うのは面白かった。」

野尻駿さん(一年生)
「課題を出し合う時、自分の思い浮かばないことを話せたのは面白かった。アクティブリスニング、授業の時にもやってみたい。」

わずか半日のワークショップでしたが、皆でアイデアを出し合い、意見をまとめて発表するという経験にみなちょっぴり興奮気味でした。

ソーシャルイノベーションキャンプは、全国の高校生のソーシャルビジネス企画コンテスト「Social Innovation Relay」(ソーシャル・イノベーション・リレー)」へと繋がっています高森高校のさらなるチャレンジを楽しみに、阿蘇を後にしました。ご協力いただいた高森高校の皆さま、ありがとうございました。

2018/02/04 SIR国内大会の実施
全国約110校の中から京都府立洛北高等学校『AmaFessional』が見事勝ち抜きました!

2018年2月4日(日)に開催のSIR国内大会において、全国約110チームの中から第一次、第二次の書類選考を勝ち抜いた東京、京都、広島等からの7チームが出場しました。どのチームも持ち時間8分という限られた中で、ライバル校の学生や教員、3名の審査員を前に、チームの仲間たちと大会直前まで入念に練ったビジネスアイデアをプレゼンテーション方式で発表しました。

写真上:優勝チームを囲んで出場7チーム、審査員とメンターとの集合写真
写真左下:優勝チームAmaFessionalの梅澤凌我さんと芦田航一さん
写真右下:上位3チーム

ビジネスアイデアの傾向として、AIやITプラットフォーム技術を駆使し、日本だけでなく世界を視野に入れた社会問題への解決策を打ち出すチームが多く見られました。その中で、下記の3つのチームが上位を飾り、京都府立洛北高等学校「AmaFessional」チームが見事に優勝しました。「AmaFessional」チームが提案したのは世界の教育格差是正に貢献する多言語型学習共有プラットフォームというビジネスアイデアでした。

1位 京都府立洛北高等学校 「AmaFessional」チーム
テーマ: 「世界の教育格差是正に貢献する多言語型学習共有プラットフォーム」
2位 広島学院高等学校 「優勝したい」チーム
テーマ: 「障害者のための総合支援サイト」
3位 武相高等学校 「OIRAs」チーム
テーマ: 「視覚障害者のための眼鏡型EyePhone」

1位の「AmaFessional」チームは、世界中の誰もがいつでも、どこでも無料で使える多言語対応のオンライン学習共有プラットフォームの開発と普及を行うビジネスアイデアを提案しました。具体的には、国を問うことなく教員らの授業の動画閲覧だけでなく、学生たちによる教材やノートの共有や質問・議論を通した学び合いの機会を、プラットフォームを通じて提供するというアイデアです。当プラットフォームを普及させることで、日本をはじめ世界の政治的に困難な地域や経済的に厳しい状況におかれている子どもたちに平等な教育機会を提供したい、との想いからアイデアが生み出されました。「AmaFesssional」チームは、今年6月に予定されている国際大会(13ヵ国の参加予定)に進みます。

なお、今回審査員を務めた小林 明子氏(BuzzFeed Japan株式会社 特集エディター)および安倍 宏行氏(Japan In-depth編集長)はそれぞれ下記の通りコメントしました。「社会問題はどうしても大人目線になりがちで、現実との乖離が生まれてしまうケースが多いですが、高校生という社会の中での等身大となり、大人では描けない着眼点から社会問題を解決するための案をどのチームも提案していたことに、強い説得力を感じました。」
「社会問題を解決するためには色々な方法があります。その中で、今回出場したチームに共通して言えることは、事業化への可能性や汎用性あるビジネス解決案を生み出したことでしょう。特に優勝したAmaFessionalチームのアイデアは、日本を飛び越え世界基準として成立し得るプラットフォーム開発の提案なので、国際大会での活躍を楽しみにしています。」

京都府立洛北高等学校「AmaFessional」チーム・梅澤うめざわ 凌我りょうがさんと芦田あしだ 航一こういちさんは次のとおりコメントしました。
「大会のことは中学3年生のときに知り、高校2年生になった時に絶対に出場すると決めていたので、優勝できて嬉しいです。今回のアイデアを考えるきっかけとなったのは、勉強に疲れて自殺してしまう子どもがいる一方、教育を受けたくても受けられない子どももいるのを知ったことです。オンラインプラットフォームを活用し、国籍問わず、同じ興味の仲間同士で学び合える環境があったら良いのでは、という思いからビジネスプランを検討しました。AIなどを駆使し多言語対応を可能にすることで、世界中の誰もが教育を受けられるような社会の実現に貢献したいと思います。国際大会には、国内大会に臨んだ全学生の想いを裏切らないように、日本の代表としてチャレンジします。」

2017/06/21 SIR国際大会の実施

2017年6月21日(水)に実施した国際大会には、国内大会を通過した東京都立両国高等学校の「FUTARIチーム」の学生2名が日本代表チームとして出場し、10カ国の同世代の仲間たちと、オンラインを通じてアイデアを競い合いました。どの国のチームも英語での見事なプレゼンテーションはもちろんのこと、パワーポイントで工夫を凝らした資料と、独創的なビジネスアイデアで、審査員の興味を引いていました。シンガポール、オランダ、ルーマニアからの代表校チームが上位を飾りました。

両国高校の「FUTARI」チームは、入賞には至らなかったものの、シングルマザーの抱える問題を解決する、フリーペーパーを基盤とする仕組みづくりについて発表し、審査員からの質問にも堂々とした受け答えで、ビジネスの意義をアピールしました。約4分間のプレゼンテーションを終えると、会場からはこれまでの努力と健闘ぶりに対して、温かい拍手が沸き起こりました。

2017/2/16 SIR国内大会の実施

2017年月25日に行った「SIR」国内大会には、全国約160チームの中から第一次、第二次の各選考会を勝ち抜いた熊本、広島(2)、京都(2)、東京(2)からの計7チームが出場しました。
持ち時間8分という限られた中で、それぞれのアイデアをプレゼンテーション方式で発表しました。どのチームもビジネスアイデアの内容はもちろんのこと、パワーポイントを駆使し、入念に練習を重ねてきたプレゼンテーションスキルにて、審査員に堂々とアピールしました。
ともに訴求力ある内容で、僅差の結果となりました。その中で次の3チームが上位を飾りました。

1位 東京都立両国高等学校 「FUTARI」チーム
テーマ: シングルマザーの抱える問題をフリーペーパービジネスを基盤とする仕組みづくりで解決
2位 渋谷教育学園渋谷高等学校 「FROGS」チーム
テーマ: 島の地域活性化をめざし、日英バイリンガルのウェブサイトを設立し、農産物販売を促進
3位 京都府立山城高等学校 「YMSOUL」チーム
テーマ: 夏休みに一人ぼっちになりがちな小学生と高齢者を’つなぐ’ビジネスを設立し、世代間の交流を活性することをめざす