内容へスキップ
top > 経営ペディア > 中小企業経営者に関する調査結果 > 中小企業の賃上げとリスキリングに関する調査
中小企業経営者に関する調査結果

中小企業の賃上げとリスキリングに関する調査
~ 37.2%が賃上げ予定と回答し、賃上げ率「5%以上」は20.2% ~

  • リサーチ

この記事は5分で読めます

エヌエヌ生命は、全国の中小企業経営者(※)7,232名を対象に賃上げとリスキリングに関する調査を2月中旬におこないました。

※本調査では、従業員1名以上300名未満の規模の「会社経営者(社長、会長、取締役)」、または「従業員のいる自営業者」を中小企業経営者と定義しています。

調査結果詳細
(1)約6割(59.2%)が2023年度は「賃上げをしていない」

中小企業経営者7,232名に、2023年度に賃上げをしたか聞いたところ、「賃上げをしていない」が約6割(59.2%)を占めました。一方で5%以上賃上げをしたという回答は約1割(9.5%)でした。

円グラフ:あなたの会社では、2023年度に賃上げをしましたか。賃上げをした場合、どの程度の賃上げだったのかをお答えください(n=7,232、SA)「賃上げをしていない」は59.2%。5%以上賃上げをしたという回答は9.5%

(2)2024年度中の賃上げを「予定している」は37.2%で、予定賃上げ率の最多は「2%以上3%未満」(23.9%)。「5%以上」という回答は20.2%

中小企業経営者7,232名に、2024年度に賃上げを予定しているか聞いたところ、「予定している」は37.2%、「予定していない」は62.8%でした。

円グラフ:あなたの会社では、賃上げを予定していますか(n=7,232、SA)「予定している」は 37.2%、「予定していない」は 62.8%

業種別に賃上げを「予定している」と「予定していない」の回答率を見ると、以下の結果になりました。

表:業種別に賃上げを「予定している」と「予定していない」の回答率(n=7,232、SA)
表:賃上げを「予定していない」と回答した上位 5 業種 1位は卸売・小売業(家電・電気機械器具・IT関連)で79.2%

賃上げを予定していると回答した2,691名にどの程度の賃上げを予定しているのか聞いたところ、最も多かったのは「2%以上3%未満」(23.9%)で、次いで「1%以上2%未満」(22.1%)でした。また、「5%以上」の割合は20.2%でした。

円グラフ:どの程度の賃上げを予定していますか(n=2,691、SA)1位は「2%以上 3%未満」が23.9%、次いで「1%以上 2%未満」が22.1%。

予定賃上げ率「5%以上」の回答率を業種別に見ると、下記の結果になりました。

表:予定賃上げ率が「5%以上」と回答した上位 5 業種 1位は旅行関連業(宿泊・旅行代理店)で38.9%

さらに、賃上げをする理由について聞いたところ、「従業員のモチベーション向上のため」が60.2%で最も多く、「従業員の生活を守るため」(50.9%)、「物価上昇へ対応するため」(46.0%)と続きました。

棒グラフ:賃上げをする理由は何ですか(n=2,691、MA) 1位は「従業員のモチベーション向上のため」が 60.2%、次いで「従業員の生活を守るため」が50.9%、3位は「物価上昇へ対応するため」で46.0%

種別に賃上げをする理由の上位3項目の回答率を見ると、下記の結果になりました。

表:従業員のモチベーション向上のため賃上げすると回答した上位 5 業種。1位は卸売・小売業(家電・電気機械器具・IT関連)で80%
表:従業員の生活を守るため賃上げすると回答した上位 5 業種。 1位は卸売・小売業(家電・電気機械器具・IT関連)で73.3%
表:物価上昇へ対応するため賃上げすると回答した上位 5 業種。1位は卸売・小売業(家電・電気機械器具・IT関連)で66.7%
相続税を試算したことが「ない」と回答した上位5都道府県
n数
全国 7,227 84.0
1 島根県 42 95.2
2 鳥取県 42 92.9
3 静岡県 155 91.0
4 長崎県 61 90.2
5 青森県 62 88.7
相続税を試算したことが「ある」と回答した上位5都道府県
n数
全国 7,227 16.0
1 宮城県 119 21.8
2 京都府 186 21.5
3 沖縄県 61 21.3
4 秋田県 52 21.2
5 山形県 65 20.0

(3)賃上げをしない理由は「業績が改善する見通しがつかないため」(42.8%)、「価格転嫁が難しいため」(35.5%)。また83.8%が経営者報酬を上げない予定と回答

賃上げを予定していないと回答した中小企業経営者4,541名に、賃上げをしない理由について聞いたところ、最多は「業績が改善する見通しがつかないため」(42.8%)で、次いで「価格転嫁が難しいため」(35.5%)、「人件費以外のコストが増加しているため」(29.7%)でした。

棒グラフ:賃上げをしない理由は何ですか(n=4,541、MA) 1位は「業績が改善する見通しがつかないため」が42.8%、次いで「価格転嫁が難しいため」が35.5%、3位が「人件費以外のコストが増加しているためで(29.7%)

「価格転嫁が難しいため」の回答率を業種別に見ると、「製造業(食料・飲料・日用品・衣服)」(54.2%)が最も高い結果となりました。

表:価格転嫁が難しいため賃上げしないと回答した上位 5 業種。1位は「製造業(食料・飲料・日用品・衣服)」で54.2%

また、中小企業経営者7,232名に、経営者報酬を上げる予定はあるか聞いたところ、「はい」が16.2%、「いいえ」が83.8%でした。

円グラフ:経営者報酬を上げる予定はありますか(n=7,232、SA)「はい」が 16.2%、「いいえ」が83.8%

(4)リスキリングを「推進している」は14.2%にとどまり、「リスキリングを知らない」という割合は約3割(27.8%)。リスキリングに取り組む理由としては、「業務の効率化・生産性の向上」(50.6%)と「従業員のモチベーションの向上」(48.0%)が多い

中小企業経営者7,232名に、会社でリスキリングを推進しているか聞いたところ、リスキリングを「推進している」は14.2%にとどまり、36.9%が「推進する予定はない」と回答しました。また、約3割の27.8%が「リスキリングを知らない」と回答しました。

円グラフ:あなたの経営する会社では、リスキリングを推進していますか(n=7,232、SA)「推進する予定はない」は27.8%、36.9%が「推進する予定はない」、「推進している」は14.2%

また、業種別に各項目の回答率を見ると、下記の結果になりました。

表:リスキリングを「推進している」と回答した上位 5 業種。1位は製造業(医薬品・化粧品)で31.6%
表:リスキリングを「知らない」と回答した上位 5 業種。1位は飲食店で39.4%

リスキリングを「推進している」「推進予定」と回答した2,558名に、リスキリングに取り組むメリットについて聞いたところ、最も多かったのは「業務の効率化・生産性の向上」(50.6%)で、「従業員のモチベーションの向上」(48.0%)、「デジタル化への対応」(37.9%)と続きました。

棒グラフ:リスキリングに取り組むことにより、どのようなメリットがあると思いますか(n=2,558、MA)「業務の効率化・生産性の向上」が50.6%で1位、「従業員のモチベーションの向上が48.0%、「デジタル化への対応が37.9%

また、リスキリングを推進するための取り組み内容としては、「資格取得支援」が最多で48.0%。次いで、「社外研修やワークショップへの参加を促進」(30.7%)、「時間休取得・時短勤務の推奨」(30.5%)でした。

棒グラフ:リスキリングを推進するために、どういったことに取り組んでいますか(n=2,558、MA)「資格取得支援」が最多で 48.0%。「社外研修やワークショップへの参加を促進」が30.7%、「時間休取得・時短勤務の推奨が30.5%

リスキリングを知らないと回答した方を除く、中小企業経営者5,224名に、ご自身のリスキリング状況について聞いたところ、「はい」が38.4%、「いいえ」が61.6%でした。

円グラフ:ご自身はリスキリングに取り組んでいますか(n=5,224、SA)「はい」が 38.4%、「いいえ」が 61.6%

業種別に経営者ご自身のリスキリングの取り組み状況を見ると、最も回答率が高かったのは「病院・医療機関・福祉業」(50.5%)で、次点で「教育関連業」(49.7%)でした。

表:経営者ご自身がリスキリングに取り組んでいると回答した上位 5 業種。1位は「病院・医療機関・福祉業」が50.5%、次点で「教育関連業」(49.7%)
想定後継者に会社を継いで欲しいと「伝えている」と回答した 上位5都道府県
n数
全国 4,121 47.0
1 宮城県 62 66.1
2 徳島県 32 59.4
3 青森県 27 59.3
4 福井県 29 58.6
5 京都府 116 55.2
想定後継者に会社を継いで欲しいと「伝えていない」と回答した上位5都道府県
n数
全国 4,121 53.0
1 佐賀県 20 75.0
2 静岡県 86 64.0
3 岩手県 32 62.5
4 三重県 61 62.3
5 岡山県 67 61.2

【調査概要】

調査対象:日本全国の中小企業経営者

※従業員1名以上300名未満の規模の会社経営者(社長、会長、取締役)または従業員のいる自営業者

サンプル:全国7,232名

調査方法:インターネット調査

調査会社:株式会社マクロミル

実施時期:2024年2月16日~2月19日

  • 回答結果はパーセント表示を行っており、小数点以下第2位を四捨五入して算出しているため、各回答の合計が100%にならない場合があります。
  • 上位5業種の算出には小数点第3位以下を含めた数値を反映しております。

エヌエヌ生命は経営にお役立ていただける調査結果のご提供を含め、「中小企業サポーター」としてさまざまな取り組みを行っています。

お客さまの声をお聞かせください。

この記事は・・・