内容へスキップ
  • チャート
    親族内承継で女性が事業を継ぐ割合は約4割 そのうち、先代経営者の妻が継いだケースは2/3

    ほとんどが、夫である先代社長の急逝によるものです。

    まさかと思っても起きてしまうのが万一の事態。
    いずれ子供が承継する場合も、そうでない場合も、その際は経営者の妻が大きな役割を担うことになります。また後継者がすぐに決まらず、妻が一時的に事業を継ぐケースも少なくありません。

  • チャート
    妻と事業承継について「話し合ったことがない」と答えた夫は約4割 夫と事業承継について
    「話し合ったことがない」と答えた妻は約7割

    事業承継に関しての意識、夫婦間でギャップがあるかも?

    夫が万一の事態に経営の継続が難しくなった場合のことについて、「話し合ったことがない」と答えた妻の割合は約7割。一方で、夫側は「話し合えている」と思っている方が多いようです。事業承継に関しては、もしかしたら夫婦間でも意識のギャップがあるかもしれません。

  • 夫が突然亡くなったらどうなる? 経営者の妻に聞いてみた、
    万一の会社経営について心配なこと

    そもそも事業を継続すべき?

    お金のことはもちろん、従業員や社員との関係、取引先や金融機関とのやりとりも気になります。そもそも事業を継続するべきなのか?経営についての知識や経験不足も…。いざ考え出すとキリのない心配事。できる準備からしておくと、安心につながります。

今だからこそできる備えを

いざというとき、会社や家族を守るのは経営者の妻であるあなたかもしれません。
今できることから、はじめませんか

どのくらい準備できていますか? 万一の承継チェッカー

現在の状況を
確認してみましょう

  • 既に会社の後継者が
    決まっている

  • 夫の会社で働いている

万一のマニュアル 承継チェックリスト 万一のマニュアル 承継チェックリスト

もしも経営者である夫が急逝してしまったら・・・
妻のみなさんにお役立ていただけるマニュアルとチェックリストをご用意しました。

夫が亡くなった当日、
いったい何をすれば…?

ご葬儀の準備、従業員への連絡…

その日にやるべき手続きやポイントなどを
記載したマニュアルをご用意しました。

今からできる準備が分かる「承継チェックリスト」もご用意しています。

「つぐのわ」ご登録者の声

「つぐのわ」にご登録いただいた、妻のみなさんの声を一部ご紹介しております。
ぜひご登録して、今できる準備から始めてみませんか?

    • 静岡県 30代 専業主婦Aさん

      ずっと不安に思いつつも直視せずにきた問題について分かりやすくまとめられていて、とてもありがたいです。

    • 大阪府 50代 会社員Bさん

      今まで全く準備してこなかったのでこんなサービスがあることを初めて知りとても頼りになると思いました。

    • 福岡県 50代 自営業Cさん

      いつ何がおきるかわからないので、お気に入り登録して常に見れるようにしておきたいです。

    • 東京都 40代 アルバイトDさん

      友達にも教えてあげたいぐらい良かったです。誰にでも話せる事ではないので大変参考になりました。

    • 宮城県 40代 会社役員Eさん

      今まで疑問に思っていた事が分かったり、夫に聞きたいと思っていた事が皆さんも知りたいとわかり、私だけではないんだと心強くなりました。夫と更に仕事の事を話すきっかけにもなるなと思いました。

承継なんでもQ&A

こちらに掲載している質問は、実際に現役経営者の妻のみなさんから寄せられたものです。これらの質問に対し「つぐのわ」は、実際に夫から事業を承継された方や専門家からの回答を掲載しています。「つぐのわ」に登録いただくと、さらに多くのQ&Aをご覧いただけます。

  • もし私が夫の跡を継いだとしたら、会社のお金のやりくりが心配です。今から何を準備しておけばいいのでしょうか?

  • 夫が亡くなってすぐ困ったことは、「お金の在りか」です。

    夫が亡くなってすぐ困ったことは、「お金の在りか」です。従業員も他の役員も、どこに会社の通帳を保管しているのか知らず、まずは通帳探しから始まりました。

    夫がいたころ、私は会社のことは何も知らず、夫からも何も教えてもらえませんでした。本当に何も聞かされていないと、通帳の場所すら分からず、大事な取引先にも迷惑をかけてしまいます。まずはおおよその保管場所だけでも把握されることをおすすめします。

  • 夫が亡くなったら、取引先や関係者にどう連絡したらいいのですか?

  • 会社外への訃報の連絡については、以下のような流れで行うとスムーズでしょう。

    会社外への訃報の連絡については、以下のような流れで行うとスムーズでしょう。

    連絡先名簿作成⇒担当者選定⇒連絡・調整

    ①取引先に対し、漏れなく、重複なく、連絡ができるよう、取引先の連絡先名簿を作成しましょう。もちろん、取引先一覧のような資料があれば、代用は可能です。

    ②各取引先への連絡について、担当者を選定します。得意先については営業部、仕入先については資材部等、普段からやり取りをしている担当者を選定するとスムーズでしょう。

    ③各担当者で手分けをして、全取引先へ訃報・葬儀の連絡を行い、出欠等の調整を行う流れとなります。

  • 夫が普段どんな仕事をしているのか知らないのに... 私や子どもが跡を継げるのでしょうか?

  • 私は夫が急に亡くなったので、経営者になるのも急でした。

    私は夫が急に亡くなったので、経営者になるのも急でした。ですので、何時に出社するか、会議をどう進めるか、社長の業務が全く分かりませんでした。せめて1日の流れを聞いておけば、と後悔したのを覚えています。

    夫の普段の業務を知っていると、突然跡を継いでも、その日からどのように仕事を進めればいいかヒントになると思います。まずは夫に、1日のスケジュールを聞いてみませんか?

  • 夫が亡くなったら、取引先や関係者にどう連絡したらいいのですか?

  • 会社外への訃報の連絡については、以下のような流れで行うとスムーズでしょう。

    会社外への訃報の連絡については、以下のような流れで行うとスムーズでしょう。

    連絡先名簿作成⇒担当者選定⇒連絡・調整

    ①取引先に対し、漏れなく、重複なく、連絡ができるよう、取引先の連絡先名簿を作成しましょう。もちろん、取引先一覧のような資料があれば、代用は可能です。

    ②各取引先への連絡について、担当者を選定します。得意先については営業部、仕入先については資材部等、普段からやり取りをしている担当者を選定するとスムーズでしょう。

    ③各担当者で手分けをして、全取引先へ訃報・葬儀の連絡を行い、出欠等の調整を行う流れとなります。

  • 夫が突然亡くなったら、どうやってパソコンに入っている情報を確認したらよいのでしょうか?

  • デジタル機器は基本的にパスワードロックされていますので、まずその解除が必要となります。

    デジタル機器は、パスワードロックされているケースが多いので、まずはその解除が必要となります。

    ①パソコンについて
    パソコンの機種等にもよりますが、ログインパスワードのリセット等様々な方法によりパスワードロックの解除が可能です。なお、データ復旧の専門事業者に持ち込めば、パスワードロックを解除してくれるため、速やかにコンタクトをとり、パスワードロック解除を依頼するのも手です。

    ②スマートフォンについて
    基本的に、データ復旧の専門家でもパスワードロック解除は難しいとされているようです。また、iPhone等については、複数回パスワードを間違えるとスマートフォン内のデータがすべて消えてしまう恐れもあります。試しに3回程度入力してみて、ダメであれば、データ復旧の専門家に相談するとよいでしょう。

    後継者が情報収集の観点で、経営者(夫)が会社で使用していたパソコンやスマートフォンの中を確認することが必要になることもあります。いずれのケースでも夫が突然亡くなった時に備え、予め対処方法(パソコンやスマートフォンにアクセスする手段)を話し合っておくと良いでしょう。

「つぐのわ」に登録いただくと、
以下のようなQ&Aもご覧いただけます。

妻が今のうちに準備できることは? / 夫が亡くなったらだれを頼ったらいいの? / 葬儀は会社で行うべき?
  • 妻が今のうちに準備できることは?
  • 夫が亡くなったらだれを頼ったらいいの?
  • 葬儀は会社で行うべき?
専門家の回答をもっと見る(無料)

登録いただいた方限定で、「妻のみなさんの質問箱」もご用意しております。
質問箱へ寄せられた投稿の中から、多くいただいた質問テーマに関し、Q&Aに随時回答を追加してまいります。

新規登録(無料)

登録者限定ページのライブラリーにて、今後コンテンツを追加予定です

当サイトのお問い合わせは、こちらよりお願いいたします。

  • お問い合わせ内容によっては、返答にお時間をいただく場合もございます。恐れ入りますが、予めご了承ください。