内容へスキップ

マイナンバーについて

2016年1月1日にマイナンバー法(※)が施行されたことにより、生命保険会社等が税務署に提出する支払調書等にはお客様のマイナンバー(個人番号)を記載することが義務付けられました。
エヌエヌ生命では、お客様にマイナンバー(個人番号)を郵送にてご申告いただき、保険金や年金等の各種お支払いに関して税務署に提出する支払調書に記載いたします。
つきましては、お手数をおかけいたしますが、マイナンバー(個人番号)のご申告にご協力をお願いします。

マイナンバー法・・・「行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律」のことです。

国の制度としてのマイナンバーに関する詳細については、内閣官房のマイナンバー社会保障・税番号制度ホームページにてご確認ください。

マイナンバー

【マイナンバー(個人番号)の申告をお願いするお客様】

お手続きの種類 申告をお願いするお客様
年金の年金受取、一括受取 契約者
年金受取人
年金開始後の年金受取人の変更 旧年金受取人
新年金受取人
解約、一部解約、または減額 契約者
契約者相続人による解約の場合は相続人代表者
各種保険金、死亡給付金、死亡一時金などの請求 契約者
保険金受取人

主に上記のお手続き後に、エヌエヌ生命から税務署へ支払調書を提出いたしますが、お支払金額やご契約内容により税務署へ支払調書を提出しない場合もあります。
支払調書を提出しない場合、マイナンバー(個人番号)の申告をお願いすることはありません。

【マイナンバー(個人番号)申告方法】

申告が必要なお客様宛に専用の「マイナンバー(個人番号)申告書」を郵送し、申告をお願いしています。
「マイナンバー(個人番号)申告書」がお手元に到着しましたら、以下の書類を同封の返信用封筒に入れてご返送ください。

  • マイナンバー(個人番号)申告書

  • マイナンバー(個人番号)のコピー

以下のいずれかをご提出ください

通知カード(表面のコピー)

通知カード

個人番号カード(裏面のコピー)

個人番号カード

左記のどちらもない場合
ご本人様のみの個人番号が記載されている住民票(コピー可)を申告書に貼付せずに同封ください。

未成年者、被後見人などでお客様本人がお手続きできない場合は、代理人が申告できます。
その場合は、「マイナンバー(個人番号)申告書」の「代理人様自署欄」にご記入のうえ、代理人の運転免許証や健康保険証等のコピーを追加してご提出ください。

なお、エヌエヌ生命が電話・メールなどでお聞きすることはありません。
また当社担当者や代理店が直接マイナンバー(個人番号)の記載された書類をお預かりすることはありません。

【「マイナンバー(個人番号)申告書」返送先】

「返送先」は、マイナンバー(個人番号)取扱い専用「事務受付センター」(所在地:滋賀県長浜市)または本社所在地のいずれかとしております。
なお、「事務受付センター」は2016年9月1日より埼玉県大里郡から滋賀県長浜市に移転いたしましたが、移転した場合でも、確実に「マイナンバー(個人番号)申告書」を受領できるよう対応いたしますのでご安心ください。

【マイナンバー(個人番号)の利用目的】

ご申告いただいたマイナンバー(個人番号)は以下の目的にのみ利用します。

  • 保険取引に関する支払調書作成事務
  • 金融商品取引に関する法定書類の作成事務
  • 報酬、料金、契約金および賞金の支払調書作成事務

【マイナンバー(個人番号)の取扱い】

ご申告いただいたマイナンバー(個人番号)は、法令に則り、適切に管理いたします。

エヌエヌ生命では、個人番号(マイナンバー)を含む個人情報の適法かつ公正な方法による収集・利用、及び適正な管理を通じてその正確性と機密性の保持に努めております。
エヌエヌ生命のマイナンバー(個人番号)の取扱いに関しての詳細は、特定個人情報等の取扱いに関する基本方針にてご確認ください。

【マイナンバーを変更された場合】

ご申告いただいた後でマイナンバー(個人番号)を変更された場合は、お手数をおかけいたしますがエヌエヌ生命サービスセンターまでご連絡をお願いします。

【マイナンバー(個人番号)の当社への申告に関するお問い合わせ】

お問い合わせ先:お客様用マイナンバー専用ダイヤル 0120-017-898
お問い合わせの際には、「マイナンバー(個人番号)申告のお願い」に記載の「お客様番号」をお伝えください。

Q&A

Q.なぜマイナンバー(個人番号)の申告が必要なのですか?

A.保険会社は、これまでも法令に基づき保険金等の支払いに伴う支払調書を税務署に提出していましたが、平成28年1月からは、「受取人様」と「契約者様」のマイナンバー(個人番号)をそれぞれ支払調書に記載して提出することが義務づけられました。このため、お客さまにマイナンバー(個人番号)の申告をお願いしております。

Q.マイナンバー(個人番号)を申告しないとどうなりますか?

A.マイナンバー(個人番号)をご申告されない場合でも、年金やその他の保険契約に基づくお支払手続きに支障はございませんが、保険会社には支払調書にマイナンバー(個人番号)を記載する義務がございますので、なにとぞご理解のうえご協力をお願い申し上げます。

Q.申告者が既に亡くなっている場合もマイナンバー(個人番号)の申告は必要ですか?

A.マイナンバー法に基づき、お亡くなりになられた方のマイナンバー(個人番号)のご申告もお願いしております。
この場合、ご本人様に代わってご申告いただく方(代理人様)がマイナンバー(個人番号)申告書の代理人様自署欄に氏名・生年月日をご記入のうえ、申告者ご本人(故人)様のマイナンバー(個人番号)のコピー、代理人様の身元確認書類(免許証・健康保険証等のコピー)をご提出ください。
また、マイナンバー制度導入前にお亡くなりになられている場合、およびマイナンバー(個人番号)を既に返納されている場合は「マイナンバー(個人番号)申告書」のご提出は必要ございません。その場合エヌエヌ生命マイナンバー専用ダイヤル(0120-017-898)にご連絡いただければ、以後の発送を停止いたします。

Q.「マイナンバー(個人番号)申告書」に署名や印鑑の押印は必要ですか?

A.ご本人様が申告される場合、「マイナンバー(個人番号)申告書」への署名や押印の必要はございません。
代理人様が申告される場合のみ、代理人様自署欄に氏名・生年月日のご記入をお願いいたします。
なお、法定代理人はもとよりご家族のどなた様からでもご申告いただけます 。

Q.「マイナンバー(個人番号)申告書」の「ご本人様情報」欄の印字内容が相違しています。
  どうしたらいいですか?

A.お手数ですがエヌエヌ生命マイナンバー専用ダイヤル(0120-017-898)までご連絡ください。
なお、「マイナンバー(個人番号)申告書」にご記入いただきましても変更手続きはお受け付けできませんのでご注意ください。

Q.返信用封筒が普通郵便になっていますが大丈夫ですか?

A.簡易書留の場合、お客様に必ず郵便局にお持込みいただく必要があります。そのため返信用封筒はすべて普通郵便でご用意いたしました。
ご心配の場合は大変恐縮ではございますが、お客様のご負担で簡易書留でお送りいただくかエヌエヌ生命マイナンバー専用ダイヤル(0120-017-898)までご相談ください。

Q.外部に漏えいしないか心配です。

A.ご申告いただいたマイナンバー(個人番号)につきましては、法令に則って安全管理措置を講じ、細心の注意を払ってお取扱いいたしております。
また、エヌエヌ生命におけるマイナンバー(個人情報)取扱いに関しての詳細は、エヌエヌ生命ホームページ掲載の「特定個人情報等の取扱いに関する基本方針」にてご確認いただけます。(ホームページアドレス:www.nnlife.co.jp