内容へスキップ
 

「自分を磨く」最高の環境がここにある

関 竜治

2016年中途入社
所属部署:ソリューションデリバリー部
役職:アシスタントマネージャー

Q 入社を決めた理由は?
A 風通しの良さ、魅力的な「人」――ここで切磋琢磨したいと思ったからです。

前職は、各種保険を取り扱う代理店の社内システムエンジニアでした。保険代理店の営業や内勤スタッフが使うシステムの企画・開発から実際に運用されるまでのほぼ全ての工程に携わっていました。その経験を活かせる、新しい挑戦のフィールドを探していた時にエヌエヌ生命と出会いました。

入社を決めた最大の理由は「人」です。少し極端な表現ですが「ハイスペック」なプロ集団――それが入社前、私が抱いていた印象です。面接官が本当に魅力的で、コミュニケーション力が高く、発言の意図やそこから読み取れるニーズを的確に捉えることができる。スキルに応じて大きなプロジェクトを任せてもらえるという風通しの良さも感じました。このプロ集団の中で自分を磨きたいと思ったのです。入社してみると、面接時の直感は実感に変わりました。経験豊かで、優秀なチームメンバーと仕事をすることで学ばない日はありません。

Q 現在の業務内容とそのやりがいを教えてください。
A 「求められる」ソリューションを通して、社会貢献ができていると実感できることです。

入社してからすぐ新設計書ツール開発プロジェクトを担当しています。エヌエヌ生命は代理店ビジネス。つまり、私たちが開発したツールのエンドユーザーは社外のお客さまになります。前職では社内システムの開発担当だったため、そこは大きな違い。自分の提案に対して、実際にシステムを使った代理店の方から「仕事の効率が上がった」などの反響をいただけることは大きなやりがいの一つです。

また、オープンな雰囲気の職場でスピーディにプロジェクトを進められる環境もモチベーションになっています。私の所属する部署のフロアは、基本的にフリーアドレス。部署の垣根なく、必要な時に必要な議論を必要なだけ進めることができる。コーヒーブレイクの時に偶然通りかかったメンバーと、その場で立ち止まって業務の進捗状況を共有したりすることも珍しくありません。プロジェクトのスケジュールはタイトかつ流動的。その中で、お客さまが本当に「求める」システムを開発するためには、多くの関係部署との密なコミュニケーションが欠かせません。その中で、多くのメンバーの考え方に触れることもでき多くの学びも得られるので、入社時に思い描いたような仕事ができていると思います。

Q 今後のキャリアの目標は?
A エヌエヌ生命のデジタル変革の一翼を担っていきたい。

当面の目標は、入社以来携わっている新設計書ツール開発プロジェクトを完遂しリリースすることです。ただし、新しいツールはリリースして終わりではありません。実際に運用される中で、よりよくするための改善点を見つけ、段階的に改良し続けることでより「求められる」ソリューションを提供することができるのです。社外のエンドユーザーからの反響は手応えがある反面、よりシビアに自分たちの提供したソリューションが評価されるということでもあります。その中で揉まれ、スキルを磨きながら、ゆくゆくはエヌエヌ生命が進めるデジタル変革の一翼を担っていける存在になりたい。そう思っています。

Q 最後にメッセージをお願いします!
A 「吸収したい人」にはぜひおススメしたいです。

私の職場はとにかくフラットで常にあちらこちらでディスカッションが行われています。それでいて、私のような中途入社の方も含め、さまざまな背景や専門性を持つ人がたくさんいます。「より多くを学びたい」「どんどん新しい知識を吸収したい」という成長意欲を持つ方にはとても魅力的な環境だと思います。

ある1日のスケジュール