内容へスキップ

お客さまと代理店の皆さまに喜んでいただくことが、私の喜びです

林 佳寿子

2011年新卒入社
所属部署:東京西営業部

入社を決めた理由

大学で言語学の勉強をしていたので、その分野での就職も考えていましたが、学ぶことが好きだった私は、仕事として新たな知識を得られる業界への就職にも興味を持っていました。そんな中、偶然参加した金融業界のある会社説明会で聞いた、「お金で世の中の役に立ちたい」というお話に感銘を受けて以来、金融業界に絞って就職活動をしました。

エヌエヌ生命を選んだ一番の理由は、面接です。いろいろな会社の面接を受けてきましたが、エヌエヌ生命の面接が一番楽しかったのです。役職者の方が距離を感じさせず、興味を持って真剣に話を聞いてくれたのが印象に残っています。また、グループワークで他の学生とおこなったディスカッションが非常に盛り上がり、このような仲間と一緒に仕事ができたらいいなと思ったことも、選択を後押ししました。入社後も、ひとり一人の社員を大事にしているという印象は変わりません。

仕事内容について

都内にある販売代理店のサポートをしています。私たちが提供した商品を代理店に販売していただくので、コンサルタントのような立場で接することが多いです。案件相談・研修・業務サポートなど、代理店の皆さまにお役に立てるように努力しています。既存の代理店との関係性をより強固にする一方で、新たな代理店の開拓もおこなっています。

代理店のみなさまのビジネスを成功に導けるようにサポートすることが私たちの仕事ですから、お客さまに喜んでもらうことはもちろん、代理店のみなさまにも喜んでもらうことが、私たちの喜びにつながります。そのために、常に相手の目線になって考えるようにしています。自分の成績ばかりを追い求めていると、どうしても行動が自分本位になってしまいます。相手目線を心がけていれば、営業成績は自然と付いてくるものだと考えています。

これまでの中で、成長できたエピソードを教えてください

入社当初は今ほどの責任感が強くなく、代理店からの信頼をなかなか得られない時期がありました。そんな中、自分のミスにより代理店の方との約束をキャンセルしなければならない事態が発生し、ご迷惑をおかけしたことがありました。そのとき、先輩から「自分がどうやってご飯を食べているのかもう一度考えて。あなたが行けないことで、代理店の方が契約を失ったらどうするのか」といわれ、当たり前にできることができず、仕事に対してもっと本気で向かっていかなければとならないと気づき、目が覚めました。

営業の仕事は、代理店とお客さま、そして自分の三者がいて、初めて成り立ちます。そして、その相関図が分かっていないと、自分に仕事が回ってこないのだと気づいたのです。それからは、三者の相関図を念頭に置いて、仕事をするようになりました。

今後のキャリアについて

保険会社に勤める人間として、いろいろな部署を経験したいです。私が知っているのは営業だけですが、保険会社には査定やお客さまに保険金をお支払いする部署、法務などに従事する部署もあります。将来的には別の部署でも働いてさまざまな知識を得ることで、幅広い視野をもち、常に新しいことに挑戦し続けたいです。

就職活動中の皆さんへのメッセージ

就職活動をするとき、その会社の仕事内容ややりがいについて調べるのも大事ですが、それ以上に重要なのは、その会社で働いている人を「感じる」ことです。ぜひ、どんな人がどんな思いを持って働いているのかをチェックしてください。そのために、ひとつの業界でもいろいろな会社を見てください。調べた会社の数だけ可能性がありますし、私はそうして良かったと思っています。

ある1日のスケジュール

8:30 出社、メールチェック、社内掲示板チェック 9:00 定例営業部会議 10:00 提案プラン作成 12:00 昼休み 13:00 代理店訪問(提案資料や商品の説明、フォローアップ) 15:00 代理店訪問(お客さまの動向やニーズのヒアリング) 16:30 帰社、上長と提案プランの検討 17:00 代理店からの依頼対応、明日の準備などのデスクワーク 18:30 退社