内容へスキップ

事業保険で事業承継対策!資金対策の大切なポイント

事業承継で大切な

経営者にもしものことがあった時、残された後継者や家族、従業員にはお金に関する問題が起こる可能性があります。
後継者が円滑に事業を引き継ぎ、安心して会社の経営を続けていくには、4つの資金が重要となります。
後継者や家族に不安を残さないために、4つの資金を法人保険で準備しておくことが有効です。
事業承継で大切な資金、「か」「う」「じ」「そ」をご紹介します。

  • か:借入金返済資金
    • 後継者に借入金を残したまま事業を継がせたくない…
    • 後継者にも金融機関との良好な関係を保たせたい
  • う:運転資金
    • 承継直後から後継者が安定した経営ができるようにしてあげたい
    • 資金繰りが滞らないよう準備してあげたい
    • 従業員の雇用維持に備えておきたい
  • じ:自社株対策資金
    • 後継者に着実に経営権をバトンタッチしたい
    • 自社株の適切な評価額を知り、準備したい
  • そ:相続対策資金
    • 後継者や家族に相続のことで争わせたくない
    • 納税資金のことで苦労させたくない

借入金返済資金

起こりうる問題と対策

銀行からお金を借りている場合、残された後継者やその家族にその返済が降りかかります。突然残された多額の借金で後継者たちが悩まなくていいように、借入金残高や期間にあわせた保障の確保が必要です。

事業保険で借入金返済資金対策ができます

多くの社長に選ばれている借入金返済資金対策プランのご紹介

運転資金

起こりうる問題と対策

経営者が亡くなった後も、会社は安定して経営するための運転資金が必要となります。
従業員への給料の支払い、取引先への支払いなど資金繰りのプレッシャーや、先代が築いた取引先への信用や売上を維持するなどのプレッシャーも後継者には降りかかってきます。

事業保険で運転資金を備えることができます

運転資金対策プランのご紹介

自社株対策資金

起こりうる問題と対策

経営権を保持するためには2/3以上の株を取得するための資金の確保が必要です。
そのためには後継者が分散している自社株を買い戻したり、相続した自社株への相続税の支払いのために、資金が必要となります。
また自社株が創業当初よりも値上がりしていることに気付かないケースがあります。その場合、相続税の額が予想をはるかに超えてしまいます。

事業保険で自社株対策資金に備えることができます

自社株対策に適した保険商品のご紹介

相続対策資金

起こりうる問題と対策

後継者や遺族には相続されたものに対し、相続税が課税されます。土地、自社株などすぐにお金に換えることが難しいものを相続した場合、それらに掛かる相続税を払う現金の準備に困ることがあります。
また後継者と家族がそれぞれ相続した資産に差があり、遺産相続で争うケースもあります。

事業保険で相続対策資金を備えることができます

自社株・相続対策に適した保険商品のご紹介

事業承継対策トップページへ