内容へスキップ
top > オンラインサポート > 社会保障が手薄いフリーランスは、家族のために死亡保険で備えを!

フリーランスの皆様

会社員と遺族年金の差が
3,700万円もあることを
ご存じですか?
(年収500万の場合)

遺族年金 とは?

国民年金または厚生年金保険の被保険者
または被保険者であった方が亡くなったときに、
その方によって生計を維持されていた遺族が受給できる年金です。

実は、こんなに 差額 があります。

フリーランスと会社員では、ご遺族が受け取る遺族年金の金額に「差額」があります。この差額は、生命保険の加入により準備が可能です。

ご自身(37歳)、配偶者(35歳)、
お子さま(5歳)のケースの
遺族の受取額の例

年収500万円

年収300万の場合・・・約2,700万円
年収700万の場合・・・約5,000万円

  • ※配偶者は90歳まで生存するものとして、遺族厚生年金の支給総額をエヌエヌ生命にて試算した概算値
  • ※年収は「平均標準報酬額」をもとにしています

なぜ、フリーランスの
遺族年金は少ない?

フリーランスと会社員の遺族年金制度には、大きな違いがあります。フリーランスの遺族は、会社員の遺族に支給される「遺族厚生年金」を受け取ることが出来ません。その差額は、数千万円に及ぶこともあり、ご遺族のその後の生活に大きな違いを生む額にもなり得ます。

フリーランス/会社員

個人情報登録不要!たった10秒! あなたの遺族年金を シミュレーターで 確認してみましょう

入力項目はたったの3つ

  1. 1.年収
  2. 2.ご自身と配偶者の年齢
  3. 3.子供の人数と年齢

シミュレーターで何が分かる?

  • ・遺族の受取金額
  • ・会社員の遺族の受取金額との差額
  • ・月当たりの遺族の受取金額

結果画面イメージ

結果画面イメージ

Q&A

  • Q&A

    フリーランスの死亡時、家族は国からお金をもらえるの?

    Q&A

    はい。遺族年金を受け取れます。

  • Q&A

    遺族年金は、私のケースではいくら貰えるの?会社員とはどれくらいの差額が?

    Q&A

    遺族保障シミュレーターで試算してみましょう。

  • Q&A

    遺族年金を受け取れれば、家族の生活は大丈夫?

    Q&A

    いいえ。多くの人が遺族年金だけでは不十分と考え、生命保険に加入しています。

会社員との差額はいくら?​
遺族年金を10秒で試算してみる

あなたの遺族年金はいくら?

  • ※本文中のフリーランスは遺族厚生年金の受給資格を満たしていないものとします。
  • ※令和2年10月現在の各種制度を参照