内容へスキップ
top > オンラインサポート > 個人事業主が自身や家族を守るために

個人事業主が
自分や家族を守るための
就業不能保障保険

就業不能保障保険とは?

病気やケガで働けない所定の”就業不能状態”が長く続いた場合に、公的保障だけではカバーできない長期間の収入減少に備えることができる生命保険です。

個人事業主のもしもに
就業不能保障保険で備える

1

就業不能状態の問題とは?

「収入の減少」と「支出の増加」による家計の悪化

                                 

就業不能状態の問題は「家計の悪化」の一言に尽きます。
多くの場合、病気やケガにより働けなくなると事業収入が減少してしまいます。また、事業収入が減少した上に病気やケガの治療費がかかります。
もちろん、食費や光熱費などの生活費、人によっては住宅ローンや子どもの教育費などの諸費用の支払いも変わらず負担することになります。

                

「働けなくなるリスク」は「死亡リスク」より注意が必要

                                 

ご自身の死亡時に備えて生命保険に加入される方は多くいらっしゃいますが、働けない状態に備えている方はあまり多くはありません。
ただ、あまりご存知でない方も多いですが、実は「働けなくなるリスク」は「死亡リスク」よりかなり高くなっているのです。

2

そもそも就業不能状態って?

就業不能状態とは次の状態*を指します。
*当社の就業不能保障保険が保障する就業不能状態



※上記はイメージです。詳しくは「契約概要」「ご契約のしおり・約款」をご確認ください。

3

公的保障では足りないの?

決して充分とは言えません


個人事業主は国民健康保険に加入しているため、病気やケガで所定の障害状態となった場合は公的保障の障害基礎年金を受け取れます。
ただし、会社員や公務員のように傷病手当金を受け取ることはできません。また、障害基礎年金の申請から受給まで1年6か月*かかるため、その間は無収入となる可能性があります。
*または症状が固定し治療の効果が期待できない状態に至った日まで

さらに、障害基礎年金は障害1級で月額約81,000円、2級で65,000円*のためとても充分とはいえません。
*子や配偶者の加算は除く

4

医療保険では足りないの?

保障の対象が異なります


医療保険は病気やケガによる入院や手術などの"治療費に備える保険"です。
一方、就業不能保障保険は、おもに病気やケガによる長期入院や在宅療養などで働けなくなった際の"収入の減少に備える保険"です。
治療費に備えられるのか、仕事からの長期離脱による収入の減少に備えられるのか、役割が大きく異なります。


入院は短期化する一方、入院"以外"の治療は増加傾向です

                                 

医療保険でもしもの入院に備えることは重要ですが、入院は短期化し、その一方で在宅医療を受ける患者数は大幅に増加しています。
怖いのは働けない期間が長期化し、収入の減少と在宅医療費の負担の両方が長く継続するときです。

5

就業不能保障保険で備える理由

1

公的保障の足りない分を補える

個人事業主が働けなくなった場合の公的保障はとても手薄*です。就業不能保障保険ならご自身でもしもの大きなリスクに備えることが可能です。
*詳細は「3 公的保障では足りないの?」をご参照

2

医療保険の保障していない部分を補える

加入している人も多い医療保険ですが、収入の減少分をカバーすることはできません。就業不能保障保険で長期化の可能性のある「働けないリスク」に備えることが可能です。
*詳細は「4 医療保険では足りないの?」をご参照

3

「働けないリスク」へのお金の不安を軽減できる

保険はもしもの備えです。一番良いのはその心配・備えが不要で長くしっかりと働けることです。しかし、「働けないリスク」は確実にあり実は「死亡リスク」より注意が必要です。就業不能保障保険で「働けないリスク」に備えて不安を軽減することが可能です。

*詳細は「1 就業不能状態の問題とは?」をご参照

                             
                                                     

まずはお気軽にプランニングのご依頼を!

6

当社の就業不能保障保険の強み

エヌエヌ生命の他にも就業不能状態を保障する保険をもつ会社はあります。では、エヌエヌ生命の就業不能保障保険はどこが強みなのか、特に強調したい4つに絞ってご紹介します。


最初のお支払は3か月分!※2回目のお支払いはその3ヶ月後です

病気・ケガにより支払対象外期間をこえて就業不能状態が継続しているときは、就業不能給付金をお支払します。初回は3か月分お受け取りできます。

*精神疾患を直接の原因とするものは含まれません。

9疾病などによる就業不能の場合は給付金額が2倍!

9疾病などにより支払対象外期間をこえて就業不能状態が継続しているときは、就業不能給付金に加えて特定就業不能給付金をお支払します。こちらも初回は3か月分お受け取りできます。


                                 *悪性新生物(ガン)の保障は、ご契約の責任開始の日からその日を含めて91日目から開始します。また、「上皮内新生物」は除きます。

                      

精神疾患による就業不能も保障!※特則を付加した場合

精神疾患により特則の支払対象外期間をこえて就業不能状態が継続しているときは、特則就業不能給付金をお支払します。
働けなくなる原因で最も多い精神疾患についても備えを確保することをオススメいたします。

                                    

                                 *就業不能給付金が支払われる月は、特則就業不能給付金(精神疾患)はお支払いしません。

  

解約返戻金アリ・ナシのタイプを選択可能!

保険業界でも就業不能状態を保障する保険では珍しいのですが、保険を解約した際にお受け取りできる解約返戻金についてアリ・ナシの2タイプから選べます。
お支払保険料を抑えたい方は"解約返戻金ナシ"のタイプを、解約時に返戻金を受け取りたい方は"解約返戻金アリ"のタイプをお選びください。


例えば以下のご契約例では、
ご契約から10年後に解約した際、それまでにお支払した保険料累計の約50%(50.35%)が解約返戻金として支払われます。


【ご契約条件】                                   就業不能保障保険(Ⅳ型)
40歳 男性
保険期間/保険料払込期間:70歳満了
保険料払込方法:月払(口座振替扱)
1就業不能状態の給付金の支払限度:36回
【定額プラン】給付割合:100%
基準給付金月額/特定就業不能基準給付金月額/5疾病入院・特定手術給付金額:特則基準給付金月額:100万円



まずはお気軽にプランニングのご依頼を!


7

当社イチオシのサービス

エヌエヌ生命のお客さまは、以下のサービスをご利用いただくことができます!






※上記サービスはエヌエヌ生命が提携する各サービス会社が提供します。いずれも保険契約による保障とは異なります。
※上記サービスは2021年8月現在のサービス内容です。予告なく変更する場合がございます。

8

税制優遇(保険料の所得控除)

生命保険には、お客さまがお支払の保険料に応じて一定の金額がその年の所得から差し引かれる「生命保険料控除」があり、税率を掛ける前の所得が低くなることで所得税・住民税の負担が軽減されます。
「生命保険料控除」にはご契約の保険種類に応じて次の3つの種類があり、各控除の適用限度額は所得税が40,000円、住民税が28,000円となります。3つの控除を合計した適用限度額は所得税が120,000円、住民税が70,000円です。




所得から控除される金額についてはこちらをご覧ください。

所得税の計算式

                           
住民税の計算式                            


※税務(処理)については、2021年6月1日現在施行中の税制を参照しております。よって、将来的に税制の変更などにより、実際のお取扱いと記載されている内容が異なる場合がありますのでご注意ください。具体的な税務処理を行う場合は、税理士などの専門家、または所轄税務署にご相談ください。

9

就業不能保障保険の選び方

STEP1

自分が受け取れる公的保障の金額(月額)を確認する

個人事業主の場合、国民健康保険に加入していても会社員や公務員のような傷病手当金・障害厚生年金は受け取れません。障害基礎年金のみとなります。

STEP2

就業不能状態で受け取れる公的保障の金額(月額)と現在の所得(月額)の差額(=不足金額)を確認する

仮に障害年金の受け取り要件に該当しても、実際に障害年金を受け取れるのは働けない状態と診断されてから1年6か月後になるため、その間は無収入となる可能性があります。

                               
STEP3

STEP2で出した不足金額を就業不能保障保険の給付金額(月額)の目安にし各社にプランニングを依頼する

現在の月額の所得(収入-必要経費)から受け取れる公的保障の月額を引いた差額を給付金額(月額)とし、保障を備えたい保険期間(例:70歳まで)を決めればプランニングの依頼が可能です。

                          
STEP4

保険会社によって「就業不能状態」や「保障内容」が異なることを注意し保険設計書を確認する

保険会社によって、精神疾患を給付金の支払対象としているか、解約時の受取金額があるのか、など違いがありますのでしっかりと確認しましょう。

                           

まずはお気軽にプランニングのご依頼を!

エヌエヌ生命について

エヌエヌ生命

事業者さま向けに特化した
生命保険会社です

エヌエヌ生命は175年の伝統があるNNグループの一員で、日本では1986年以来35年間営業しています。スモールビジネス向けの保険に特化し、全国36拠点、約5000の代理店(*)によるサポートとバックアップ体制が強みです。(*)2021年4月末時点

2020年3月期決算より
資本金  : 324億円
保険料収入: 4,687億円
総資産  : 2兆5,014億円
当期純利益: 206億円


※就業不能保障保険の商品の詳細については
「契約概要」「ご契約のしおり」などをご確認ください。