内容へスキップ
top > オンラインサポート > 税制改正後の法人向け生命保険について

税制改正後の法人向け生命保険について

法人向け生命保険の保険料の経理処理についての税制改正と、法人向け生命保険の本来の意義についてご説明します。

エヌエヌ生命の保険にご契約されていますか?
既存のお客さまはこちら

2019年夏の税制改正について

2019年の夏、法人向け生命保険の保険料について税制改正が実施されました。

従来、法人向け生命保険において業界で販売量の大きかった商品は、契約者である法人が生命保険会社に支払う保険料の全てを損金に算入した上で、契約から一定期間経過後に契約の継続が困難になり解約した際には、それまでに支払った保険料の累計額の多くが(保険商品・契約内容によっては90%以上が)解約返戻金として契約者である法人に払い戻される商品もありました。

昨夏の税制改正では、保険の契約期間中の最も高い解約返戻率(解約返戻金額÷支払保険料累計)の割合に応じて経理処理が定まるようになりました。
冒頭の商品の場合、税制改正後にご加入されると、契約当初の所定の期間における損金算入率は20%未満に抑制されます。

改めて考える“法人向け生命保険”の意義

改めて“法人向け生命保険”の意義を考えると、そこには生命保険でしか得られない“機能“があります。それは、万が一の事態によって生じる経済的不安に備えられることです。

つまり、“法人向け生命保険”の意義は、会社の代表である 社長に万一が生じた際に、しっかりと金銭面の保障でカバーし、遺されたご家族、従業員が不自由なく生活できるようにする ことです。

それこそが法人向け生命保険の本質的な役割なのです。そう考えると法人向け生命保険は実にシンプルです。

あなたに万一があった際に金銭面で困る人はいませんか?

ご家族、従業員、取引先に困る人がいなければ万一を保障する生命保険は不要かもしれません。ただ、もし金銭面で困る人が1人でもいるのならば、そしてその必要な金額を今すぐ準備することができないのならば、生命保険に加入することをご検討ください。

生命保険のこの3つの特徴ご存知ですか?

  1. 生命保険であれば、いまお金の準備ができていなくても、ご契約した時から保障を備えることが可能です
  2. 社長の万一に備えながら会社の急な資金ニーズや役員退職金支払にも備えることもできます
  3. 生命保険には解約時に生命保険会社から払い戻される解約返戻金のある商品があり、
    この解約返戻金を、会社のためか、役員退職金などに柔軟に活用することができます

生命保険なら、解約して解約返戻金を受け取るだけでなく、万一の際の保障を継続させつつ生命保険会社から貸付を受けることも可能です。いずれも請求書が揃ってから数営業日後にはお金をお受け取りになれます。

あなたの万一の際でも、会社の業績悪化の際でも、あなたの大切な人を守るために法人向け生命保険を是非ご検討ください。

役員退職金について詳しく見る

専任のプランナーに
経営者保険の保険設計を依頼する

法人保険のご活用でお悩みの際は、 無料で利用できる、法人名・経営者様個人名、さらに電話番号も不要 の保険設計書作成をご依頼ください。

翌営業日を目途に法人保険のプロが貴社だけの保険プランをメールにてお送りいたします。

※この資料は募集補助資料です。商品の詳細につきましては、「契約概要」「注意喚起情報」「ご契約のしおり・約款」を必ずご確認ください。※税務処理については、資料作成時に施行中の税制を参照しております。よって、将来的に税制の変更などにより、実際のお取扱いと記載されている内容が異なる場合がありますのでご注意ください。※具体的な税務処理を行う場合は、税理士などの専門家、または所轄税務署にご相談ください。※「支払保険料」を損金算入した場合、「保険金」「解約返戻金」等は益金に算入されます。