内容へスキップ

2016年11月17日
エヌエヌ生命保険株式会社

「中小企業の経営者が考える経営状況予測・意識調査」を実施
2020年までの“明るい”予測から2025年以降は”悲観的“に転じる結果に
さらなる高齢化と突然の事業承継のリスク、急がれる対策は“人”と“資金”

日本社会と同様、中小企業経営者の高齢化が進んでおり、2015年における全国の社長の平均年齢は60.8歳、5人に1人が70歳を超えたといわれています*。生命保険を通じて日本の中小企業を応援するエヌエヌ生命保険株式会社(代表取締役社長:サティッシュ・バパット、本社:東京都千代田区、以下「エヌエヌ生命」)は、このほど、全国の中小企業の経営者1000名(会長職、社長職)を対象に「中小企業の経営者が考える経営状況予測・意識調査」を実施しました。
調査では、2020年まで、さらに団塊の世代が75歳以上となる2025年以降について、経営者の事業継続への見通しをたずねました。
(*株式会社東京商工リサーチ 「2015年 全国社長の年齢調査」より)

調査結果ハイライト

  • 中小企業経営者、”2020年まで”は61.1%が「安定・成長」基調と“明るい”予測

  • 一方、超高齢化社会到来の”2025年以降“、81.3%が経済環境に”悲観的“な予測

 
  • “明るい兆し”を見出す経営者の心情には、「安定した取引先」や「優秀な後継者」の存在

  • 一方で現状の悩みや課題に、“人”と“資金”が浮かび上がる結果に

 
  • 経営者の事業承継への準備については、全体の44.0%が準備していないと回答

  • 事業承継に先手を打っている経営者が進める対策は、「後継者の育成」と「資金の準備」

  • 法人向け生命保険への加入は多い(64.9%)ものの加入している保険の保障額、保障期間の充足度は半数程度

 

【調査概要】

調査名称

「中小企業の経営者が考える経営状況予測・意識調査」

調査期間

2016年10月14日から10月20日

調査方法

インターネット調査

調査対象

全国の中小企業経営者1000名(男女30代から70代)

年代 30代 40代 50代 60代 70代
人数 37名 273名 429名 235名 26名
※従業数5人以上300人未満の企業経営者(会長職、社長職対象)

 

本プレスリリースに関するお問い合わせ

エヌエヌ生命:サポートダイヤル

報道機関以外の方の問い合わせ先については、各種お問い合わせ窓口をご覧ください。