内容へスキップ

2016年05月17日
エヌエヌ生命保険株式会社

体験型キャリア育成プログラム「Job Shadow(ジョブシャドウ)」 を実施

~京都市立堀川高校の生徒が”社長の仕事“を体験~

エヌエヌ生命保険株式会社(代表執行役社長:サティッシュ・バパット、本社:東京都千代田区、以下「エヌエヌ生命」)は、5月13日(金)、若者の社会的自立力を育成する経済教育団体・公益社団法人ジュニア・アチーブメント日本と協力し、体験型キャリア教育プログラム「Job Shadow」(ジョブシャドウ)を実施しました。

「Job Shadow」は、高校生を対象とした職業体験です。今回は、京都府の京都市立堀川高校2年生の生徒を迎え、当社社長のサティッシュ・バパットにシャドウ(影)のごとくついてまわりながら外資系生命保険会社の「社長の仕事」をともにしました。様々な役職、部門の社員との会議や執務を通じ、中小企業およびその経営者を財務や財産の面で支援するという当社のビジネスを肌で体験してもらいました。

社長の執務を体験

倉田奈菜子さん、サティッシュ・バパット、八幡真由さん (修了証授与式にて)

今回の体験について参加した生徒の倉田さん、八幡さんは、次のように述べています。

倉田菜奈子さん「初めは色々不安がありましたが、気さくに話しかけてくださったので、業務についてまわりながら交流を楽しむことができました。バパット社長は夢や目標を達成するにあたっての心構えについてご自身の経験を踏まえて教えてくださいました。自分の将来に関して考える貴重な機会となりました」

八幡真由さん「ビジネスについてだけでなく、生きていくうえでのアドバイスなども頂きました。今後につなげていけるような広いビジョンが見え、勉強になりました。Job Shadowの体験を通じ、改めて私達がいかに機会に恵まれているかを実感しました」

エヌエヌ生命の代表執行役社長サティッシュ・バパットは、次のように述べています。
「エヌエヌ生命は、日本の中小企業を支える生命保険会社として、『未来の社長』を社会貢献活動のテーマに、若い世代への教育機会や起業・経営に関する育成機会を提供する活動を行っています。『Job Shadow』は、仕事とは何か、また仕事に対する姿勢について考える機会を提供し、働くことが楽しみになるようなきっかけを与え、やがて訪れる将来の進路を考える際の貴重な体験になることを期待しています」

なお、京都市立堀川高校の倉田さんと八幡さんによるチーム「sunflower」は、今年2月、エヌエヌ生命が社会貢献活動の一環として協賛している高校生のためのソーシャルビジネス企画コンテスト「Social Innovation Relay」(ソーシャルイノベーション・リレー:通称「SIR」)の国内大会で優勝しています。「SIR」は、ジュニア・アチーブメント・ヨーロッパ(Young Enterprise)と公益社団法人ジュニア・アチーブメント日本が主催する教育プログラムです。本コンテストは、高校生が社会課題の解決に向けたビジネスプランを考案し、そのアイディアをプレゼンテーションして競うもので、「sunflower」は、途上国の子供たちの学習支援に向けた「Business makes education」を考案して優勝、国際大会へとコマを進めることとなりました。国際大会は6月23日、オンラインで開催されます。

エヌエヌ生命の社会貢献活動「未来の社長」

エヌエヌ生命は2015年4月、アイエヌジー生命からのブランド変更を機に、社会貢献活動を一新しました。「未来の社長」の旗印のもと、日本の将来を担う新たな経営者の育成を通して、日本の中小企業、ひいては日本経済の持続可能な発展に寄与する活動を推進していきます。
これまで、「SIR」の取り組みのほか、起業家育成支援の「エヌエヌ生命社会起業塾」、NAHAマラソンチャリティ・ランナーによる沖縄の児童擁護施設への教育支援、経済的に困難な状況にある家庭の子どもたちの学習を支援するNPO法人「キッズドア」を通じた教育支援活動などを実施しました。

「Social Innovation Relay(SIR)」について

高校生のためのソーシャルビジネス企画のコンテスト形式の教育プログラムです。「SIR」は、高校生が自ら情報収集・分析をして社会的課題を見つけ、その解決方法としての「ソーシャルビジネス」のアイディアをチームごとに競い合うものでアクティブラーニング形態をとっています。国内大会での優勝チームは、オンラインの国際大会へ進出。国際大会で見事優勝したチームは、ヨーロッパで開催されるSIR修了生カンファレンスに招待されます。

主催 ジュニア・アチーブメント ヨーロッパ(Young Enterprise)
公益社団法人ジュニア・アチーブメント日本
特別協賛 エヌエヌ生命保険株式会社

ジュニア・アチーブメントについて

1919年米国で発足した世界最大の経済教育団体で、民間の非営利活動を展開しています。日本本部の設立は1995年で、教材を導入する学校は全国に拡大しています。社会情勢がいかように変化しようとも、子どもたちが「社会のしくみや経済の働き」を正しく理解し、自分の確たる意志で進路選択・将来設計が行えるよう、基本的資質(主体的に社会で自立できる力)を育むための支援を提供しています。詳しくは、ウェブサイトwww.ja-japan.orgをご参照ください。

本プレスリリースに関するお問い合わせ

エヌエヌ生命:サポートダイヤル

報道機関以外の方の問い合わせ先については、各種お問い合わせ窓口をご覧ください。