内容へスキップ

2012年12月18日
アイエヌジー生命保険株式会社

アイエヌジー生命、絵本を届ける社会貢献活動を実施

~公益社団法人シャンティ国際ボランティア会主催の「絵本を届ける運動」に
社員が積極的に参加、6年間で累計約5,600冊を寄贈~

アイエヌジー生命保険株式会社(代表執行役社長:エディ・ベルマン、本社:東京都千代田区)は、公益社団法人シャンティ国際ボランティア会(SVA)が主催するアジア諸国の子どもたちへ「絵本を届ける運動」に2007年以降6年連続で参画し、6年間で累計約5,600冊を寄贈することになります。今年は全社員の80%を超える694名の社員が絵本作成ボランティアに登録、800冊を作成しました。「絵本を届ける運動」とは、日本で出版されている絵本に現地語の翻訳シールを貼り付け、子どもの図書がほとんど出版されていないカンボジア、ラオス、ミャンマー(ビルマ)難民キャンプ、アフガニスタンの子どもたちに翻訳付き絵本が届けられるプロジェクトです。

アイエヌジー生命は、2007年に同運動初参加の企業としては最大規模の計1,044冊を作成。以来、社員が積極的に参加し、6年目を迎えた今年の当活動への全社員の参加率は2年連続で80%を越えました。今年社員が制作した絵本は、SVAを通じてラオスとミャンマー(ビルマ)難民キャンプの子どもたちへ届けられます。

「絵本を届ける運動」を通じてアイエヌジー生命では、社員の社会貢献活動の理解を促進するとともに、企業の社会的役割を果たすことを目標としています。

以上

公益社団法人シャンティ国際ボランティア会(SVA)http://sva.or.jp

1981年に設立した公益社団法人シャンティ国際ボランティア会は、「共に生き、共に学ぶ」ことができるシャンティ(平和)な社会の実現を目指し、幅広い教育・文化活動をタイ、カンボジア、ラオス、ミャンマー(ビルマ)難民キャンプ、アフガニスタンで展開しています。常設・移動の図書館活動のほか、学校建設など、貧困や戦争、内紛、環境破壊、災害などによって苦しむ人々を対象に支援活動を行っています。

「絵本を届ける運動」 http://sva.or.jp/ehon

絵本を手にしたことのない子どもたちが、世界には、まだたくさんいます。SVAでは、子どもの図書が希少なカンボジア、ラオス、ミャンマー(ビルマ)難民キャンプ、アフガニスタンへ絵本を送る活動を行っています。日本で出版されている絵本に翻訳を印刷したシールを貼り付ける、という気軽に参加できる国際協力です。絵本は、SVAが行う図書館活動を通じて子どもたちのもとに届けられます。