内容へスキップ

エヌエヌ生命
チャリティラン&ウォークを通じて300万円を寄付

「#YourMilesMatter(ユア・マイルズ・マター)」
~歩いて走って子どもたちの学習を支援~

エヌエヌ生命では、2018年11月5日から12月9日までの間、社員参加型のチャリティラン&ウォークプログラム「#YourMilesMatter(ユア・マイルズ・マター、以下「YourMilesMatter」)」を実施しました。本プログラムはエヌエヌ生命社員が徒歩で移動した距離1キロごとに100円を寄付するもので、4年目となる本年も例年と同様にプログラム期間終了前に目標の30,000キロを達成し、計300万円をNPO法人キッズドアに寄付することができました。NPO法人キッズドアは無料学習会「タダゼミ」を運営し、主に高校進学を目指す中学生に向けた学びの機会を提供しています。

エヌエヌ生命は社会貢献活動「未来の社長」の一環としてYourMilesMatterを実施し、困難な経済環境にある子どもたちの学習を支援しています。

◆ 「子どもたちの未来づくりにむけて、今できること」セミナーを開催

エヌエヌ生命では本年のチャリティラン&ウォークに先立って、11月2日にキックオフイベント「子どもたちの未来づくりにむけて、今できること」と題したセミナーを開催しました。登壇者に井関 大洋氏(内閣府政策統括官(共生社会政策担当)付、参事官(子どもの貧困対策担当)付、参事官補佐)、湯浅 誠氏(法政大学教授 元内閣府参与、内閣官房社会的包摂推進室長、震災ボランティア連携室長)、渡辺 由美子氏(NPO法人キッズドア理事長)、そしてモデレーターに村上 富美氏(日経ビジネス副編集長)を招き、子どもたちが、置かれている環境に左右されることなく、未来への道を歩める社会とするための施策等について当社社員および一般の参加者に向け講演を行いました。

「子どもたちの未来づくりにむけて、今できること」
キックオフイベント「子どもたちの未来づくりにむけて、今できること」の様子

 

NPO法人キッズドアについて

NPO法人キッズドアは、2007年の設立以来、すべての子どもが将来への夢や希望を持てる社会の実現に向けて活動しています。キッズドアという名前の通り、貧困などの困難な環境にある日本の子どもたち全員の社会へのドアを開けるべく、多くの社会人・大学生ボランティアと共に、国内の子どもの教育支援に特化した活動を展開しています。(NPO法人キッズドア:http://www.kidsdoor.net


 
エヌエヌ生命の社会貢献活動『未来の社長』概要

未来の社長

エヌエヌ生命は、「未来の社長」を新たな社会貢献活動のテーマに据えています。日本の中小企業を支える生命保険会社として、次世代を継ぐ学生や子どもたちに教育機会や起業・経営に関する育成機会の創出を目指しています。「未来の社長」の詳細はこちらからご確認ください。「未来の社長」の詳細はこちらからご確認ください。