内容へスキップ

一時払変額年金保険の運用手法と運用対象(投資信託)の一部変更のお知らせ

(無配当)一時払変額年金保険(04)A型【販売名称:ダイアログ10】、(無配当)一時払変額年金保険(08)C型【販売名称:ダイアログポケット】の二商品につきまして、特別勘定の運用手法ならびに主な投資対象である投資信託を一部変更することとなりましたので、ご案内申し上げます。

変更の事由

今回の対応は、特別勘定の主な投資対象である一部投資信託の繰上償還、特別勘定の安定的な運用を維持するためのものであり、将来にわたってお客さまの資産の安定した成長を目的とします。なお、新たな投資信託は弊社の他の保険商品にも組入れられているもののうち、長期にわたり運用資産を維持できると見込まれ、かつ継続して良好な運用成績のものを選定いたしました。
また、マネー型特別勘定の主な投資対象を特定の投資信託に限定してきましたが、金利動向に適切に対応できるよう、運用の柔軟性を高めるため、運用手法を自社運用に切り替えることにいたしました。運用手法の変更後は、特別勘定の運用方針の範囲内であれば、マイナス金利の状況下では安全性の高い銀行預金の比率を高くする一方、金利上昇時には収益が見込めるマネー型投資信託の組み入れ比率を引き上げる等、金利の変動に応じた特別勘定の運用が可能になると考えております。

 

ダイアログ10

特別勘定 変更 投資信託
日本株式型(CA2) 年金積立 クオンツ・アクティブ・ジャパン
RH日本株式エンハンスト・インデックスVA(適格機関投資家専用)
日本株式型(CA3) インデックスファンド225
インデックスファンド225VA
世界株式型(CA1) Gグロース
NN海外株式ファンドVA(適格機関投資家専用)
世界株式型(CA2) インデックスファンド海外株式(ヘッジなし)
インベスコ MSCIコクサイ・インデックス・ファンドI-6(適格機関投資家専用)
世界債券型(CA1) インデックスファンド海外債券(ヘッジあり)1年決算型
NN世界債券ファンドVA1(ヘッジあり)(適格機関投資家専用)
世界債券型(CA2) インデックスファンド海外債券(ヘッジなし)1年決算型
JDFインデックス・ファンド外国債券VA(適格機関投資家専用)
世界債券型(CA3) 日興・GS世界ソブリン・ファンドVA(適格機関投資家転売制限付)
グローバル・ボンド・オープン IM VA-3 (為替ヘッジなし)(適格機関投資家専用)
マネー型(CA1) 日興MRF(マネー・リザーブ・ファンド)
特に定めません

 

ダイアログポケット

特別勘定 変更 投資信託
バランス35型(DG) グローバルバランスファンド35(適格機関投資家向け)
DIAM世界バランスファンド35VA (適格機関投資家限定)

該当する一時払変額年金商品のご契約者さまには、別途、郵便にて詳細をご案内しております。