内容へスキップ

運転資金等の確保手段としての法人向け生命保険活用

法人向け生命保険は、経営者に万一のことがあった際に保障を提供するものです。その保障に加えて急な資金需要や財務の悪化への備えとしても活用することができることをご存じでしょうか。
新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受けて、資金繰りの悪化に対する懸念が増している今だからこそ、運転資金等の確保手段としての法人向け生命保険の活用についてぜひ知っておきましょう。

法人向け生命保険と緊急資金準備

契約者貸付

生命保険には、解約した場合に戻ってくるお金(解約返戻金)がある商品があります。

この解約返戻金がある商品では、その解約返戻金を担保として、保険契約を解約せずとも保険会社からお金を借りることができる「契約者貸付」という制度を利用できる場合があります。

解約返戻金の9割までの金額を、審査無しで借りることができるのです。

残念ながら保険に入っていない場合の資金対策としては使えませんが、既に法人向け生命保険に加入されている場合は、この契約者貸付が利用できるかどうかを確認してみましょう。

また、返済ができないと保険契約が失効してしまうこともありますので注意が必要です。


新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受けて、エヌエヌ生命を含む保険会社各社では契約者貸付にかかる金利を0%とする取扱いを始めていますので、日本政策金融公庫の融資に加えて検討しましょう。


参考:生保が資金繰り支援、金利ゼロで貸し付け コロナ問題で契約者に日経電子版



解約返戻金

現状は上記の契約者貸付を無利息で借りられるため、その必要性は薄いですが、保険契約を解約することで解約返戻金そのものを受け取るという方法もあります。

今まで得ていた保障が無くなってしまうことにはなりますが、金融機関からの借入を増やしたくない場合は有効な手段と言えます。



新型コロナウイルスが収束した後も、何が起こるか分かりません。

また新型コロナウイルスの問題が長期化することで、今後景気に甚大な影響が出ることも考えられます。

生命保険は万一の場合に備えることができるという、保険本来のメリットもありますので、運転資金等の確保手段としての側面も含めて法人向け生命保険の活用を検討しましょう。

  • 契約者貸付の特別取扱いを含む、新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受けてのエヌエヌ生命での各種取扱いの詳細はこちらをご確認ください。

緊急資金準備としても活用できる商品

エヌエヌ生命では緊急資金準備としても活用できる保険商品を多数ご用意しています。保障の種類別に主な商品をご紹介します。


保障の種類

生命保険が提供する保障の種類です。お客さまが必要と思われる保障がどれなのかを考えてみましょう。


死亡保障.png病気や事故などによる死亡時の保障

生存保障.pngガンなどの病気や、生活障害状態のときの保障

死亡_生存.png死亡保障と生存保障の両方



エヌエヌ生命の保険商品

商品の概要をここではご紹介させていただきます。

詳細はページ下部よりお問い合わせをお願いいたします。


死亡保障.png

定期保険

(イメージ図)

定期.png

最短5年から最長100歳まで、ニーズに応じた保険期間で死亡保障を確保することができます。



死亡保障.png

災害・重度疾病定期保険

(イメージ図)

SITP.png

一定期間の災害・重度疾病(急性心筋梗塞・脳卒中)による死亡保障を手厚く確保できる、満期保険金のない商品です。災害・重度疾病以外による死亡保障も確保できます。



生存保障.png

※生存保障を主な保障内容としている重大疾病保障保険(死亡時に給付金をお支払する場合もあります)をご紹介させていただきます。

重大疾病保障保険

(イメージ図)

DD.png

悪性新生物(ガン)、急性心筋梗塞、脳卒中による生存中の保障をしっかりと確保することができます。



死亡_生存.png

生活障害保障型定期保険

(イメージ図)

ALD.png

死亡保障だけでなく、所定の高度障害状態または所定の生活障害状態が180日以上継続し、終身回復の見込みがなくなったときなどの生存中の保障を確保することができます。

  • 商品の詳細につきましては、「契約概要」「注意喚起情報」「ご契約のしおり・約款」を必ずご確認ください。

電話受付時間 平日9:00-17:00