内容へスキップ

あなたの死亡時、ご家族は生活費に困りませんか?

このページでは遺された家族の生活を守るための

■あなたの死亡時に遺族が受け取る"遺族年金"*

■遺族の生活費の不足を埋める生命保険の活用

  • をご紹介します。

*遺族年金:遺族に対して国から支給される公的年金の総称


実はフリーランスの遺族が受け取る”遺族年金の総額”は、会社員の遺族が受け取る総額より平均3,000万円以上少ない*んです。

  • *2020年5月26日時点のシミュレーター結果の平均額

記事用写真2.jpg

あなたの死亡時に遺族が受け取れるのは?

フリーランスの遺族が受け取れるのは「遺族基礎年金」だけ。「遺族厚生年金」は受け取ることができません。


受取年金種類.png

フリーランスの遺族の受け取り総額はこんなに少ない!

あなたの死亡により遺族が受け取る遺族年金の総額は、遺族厚生年金が受け取れないために会社員の遺族と大きな差が生じます。
【家族構成(例)】

あなた(37歳)、配偶者(35歳)、子供(5歳)


年収別.png

  • 配偶者は90歳まで生存するものとして、遺族厚生年金の支給総額をエヌエヌ生命にて試算した概算値

  • 年収は「平均標準報酬額」をもとにしています

シミュレーター利用者の結果*

*2020年5月26日時点

フリーランスと会社員の「遺族が生涯受け取る年金総額の"差額"」


利用者全体のシミュレーション結果



全体グラフ.png


利用者の年収別シミュレーション結果

      年収300万円以下

       

      300万円以下.png

      年収300万円超~600万円以下


      図3.png

      年収600万円超


                      図4.png

                      この差額を解消するためには?

                      記事用写真.jpg

                      遺されたご家族の生活費やお子さまの教育費を確保するための有効な選択肢に「死亡保険の加入」があります。大きなリスクに対して小さなコストで備えることができるおススメの商品をご紹介します。

                      エヌエヌ生命のおススメ死亡保険

                      家族を守るための保険なら「エマージェンシープラス」がおススメです。


                      ■突然死のリスクを手厚くカバー

                      ■告知項目は3つだけで医師の診断は不要


                      【ご契約例】

                      基準保険金額:1,000万円

                      保険期間 / 保険料払込期間:10年

                      月払保険料(口座振替)


                      保険料表.png

                      コロナ禍の今だからこそ、考えておきたい万が一のこと

                      記事用写真3.jpg

                      新型コロナウイルスの感染拡大が生活様式までを変えてしまう。こんなこと誰にも想像しがたかったことですが、それはあなたの万が一も同じ。交通事故や感染症など突然死のリスクはさまざまなところに潜んでいます

                      遺された家族の生活を守るための第一歩として、まずは登録不要・30秒でできる無料のシミュレーターであなたの死亡時の遺族年金額を試算してみましょう!

                      図1.png

                      電話受付時間 平日9:00-17:00

                      • 本文中のフリーランスは遺族厚生年金の受給資格を満たしていないものとします

                      • 令和2年3月現在の各種制度を参照