内容へスキップ

社会保障が手薄いフリーランスは、家族のために死亡保険で備えを!

死亡時に家族が受け取れるお金、フリーランスは会社員より少ないことをご存じですか?

あなたが亡くなると家族は国から「遺族年金」を受け取ることができますが、制度の違いから、フリーランスと会社員の家族では受け取れる金額が異なります。

あなたが亡くなったときに、家族が国からもらえるお金

会社員の遺族なら受け取れる「遺族厚生年金」。フリーランスの遺族は受け取ることができません。


遺族保障_7.jpg

 

フリーランスの遺族が受け取れるお金はこんなに少ない!

例えば、ご自身(37歳)、配偶者(35歳)、お子さま(5歳)のご家族では、フリーランスと会社員とで年収に応じてこんな差が。遺族のその後の生活に大きな違いを生むかもしれません。


遺族保障_2.jpg

  • 配偶者は90歳まで生存するものとして、遺族厚生年金の支給総額をエヌエヌ生命にて試算した概算値

  • 年収は「平均標準報酬額」をもとにしています

家族に遺すお金、公的年金だけでたりる?

遺族保障_4.jpg


たりない分を補う手段が死亡保険への加入です。一般的な死亡保険の場合、加入直後から希望額を備えることができるため、大きなリスクに対して小さなコストで備えることができるという死亡保険ならではのメリットがあります。

エヌエヌ生命の「エマージェンシープラス」で賢く備える!

エヌエヌ生命のエマージェンシープラスなら、3種類の保険金で死亡時のリスクに備えることができます。

遺族保障_6.jpg

あなたの場合はいくら足りない?ご自身のケースを確認してみましょう

遺族年金は個人個人の状況に応じて受け取れる金額が異なります
フリーランスが死亡保険で用意しておきたい保障額を、登録不要・30秒でできる無料のエヌエヌ生命遺族保障シミュレーターを使ってさっそく試算してみましょう!

  • 本文中のフリーランスは遺族厚生年金の受給資格を満たしていないものとします

  • 令和2年3月現在の各種制度を参照