内容へスキップ

経営者が今すぐできる、手取りが増やせるかもしれない方法とは?

【このサイトの概要】


①個人で加入した保険を法人の契約に名義変更するだけで個人の手取りが増えることがある(個人・法人に追加負担なし)


②過去のシミュレーター結果において平均で約12万円(年間)の手取りが増えている

※所要時間30秒(登録不要)

今すぐ無料シミュレーターを試してみる

【手取り増の可能性?その仕組み】

保険の契約者が保険会社に支払う保険料(費用)は、個人の契約は手取り(=可処分所得)から個人が、法人の契約は会社が支払います。
この保険料を払う人を個人から法人に変えるだけで、多くの場合会社負担額(役員報酬と保険料の合計)を変えずに個人の手取りを増やすことができます。

【過去のシミュレーター利用の結果】

シミュレーターを利用した人の試算データ(2020年2月26日現在)


平均手取り増加額(年間):約12万2千円


利用者データ.jpg


※所要時間30秒(登録不要)

無料シミュレーターを試す

  • 税務については、2020年1月1日現在施行中の税制を参照しています。将来的に税制の変更などにより、実際のお取扱いと記載されている内容が異なる場合がありますのでご注意ください。具体的な税務処理を行う場合は、税理士などの専門家、または所轄税務署にご相談ください。また、「支払保険料」を損金算入しても、「保険金」、「解約返戻金」等は益金に算入されます。結果として税の繰り延べに過ぎず、原則、節税効果はありません。

  • 保険の見直しをされる場合、現在の体況によっては新たな保険に加入できない等、お客様にとって不利益が発生する可能性があります。具体的な商品を検討される際は「契約概要」「注意喚起情報」「ご契約のしおり・約款」などを必ずご確認ください。